心の異常反応の解除

心の異常反応とは

心の異常反応とは、潜在意識にあるなんでもないことに対する恐怖心(社会不安障害、自律神経失調症、原因不明の体の不調に共通する心の毒)です。
人は、理性が飛んでしまう程の肉体的苦痛を受けたとき、その状況を恐怖の対象として心の奥底(潜在意識)にインプットしてしまいます。肉体的に苦痛を受けた時、「感じた」「見た」全てのものが恐怖の対象になってしまうのです。
大きな異常反応は、心の漠然とした不安感、ザワザワ感で実感されるケースが多いようです。しかし、本人には、その理由も正体も分からないのです。
心の異常反応は、精神疾患とどう関係するのでしょうか? 異常反応が、直接、人間をうつなどの病に追い込むことはむしろ少ないのです。異常反応を大きく抱え込めば込むほど、人は精神の耐久性と回復力を弱めてしまいます。うつ病やパニック障害に陥るきっかけには、ほぼ心身への強いストレスがあります。直接の原因は、その精神的な圧迫であることがほとんどでしょう。
驚かれる方もいるかと思いますが、心の異常反応は多かれ少なかれ誰でも持っているのです。
異常反応の数値は1~100で計ることが出来ます。


1~10%
社会生活を送る上で、ほぼ支障のないレベル。落ち込んだりしても早い段階で回復できる。
精神的な問題を抱えていない。大多数の人がこのレベルです。



10~15%
日常生活に支障はありませんが、本人は自覚しているレベルです。

なんとなく落ち着かない。

イライラしやすい。

集中力が続かない。

人より落ち込みやすい。

まだ、他人に気づかれていないレベルです。



15~20%
精神的な問題を明らかに自覚しはじめるレベルです。

自分の心の不自由さを認識している。

年がら年中イライラしている。

すぐ落ち込む自分に呆れている。

すぐ怒り出す。

親しい人には心の問題が悟られるレベルです。



20~25%
日常生活に支障がでるレベルです。

不安、恐怖の感覚がハッキリ自覚出来る。

こころの不自由さがさらに強まる。

明らかな集中力の低下。

周りがわかるほどの感情の異常な起伏。

他人から見ても様子のおかしさがわかるレベルです。



25~30%
日常生活に明らかに支障がでるレベルです。

働くことがままならない。

場合によっては休職している。

罪悪感や後ろめたさを感じている。

社会に貢献できない歯がゆさを感じている。

他人が見ても言動や雰囲気が明らかに異常なレベルです。



30%以上
社会生活を普通におくるのが困難なレベルです。

あるのは不安・恐怖。

短期の仕事であれば何とかできるレベル。

自分で自分をコントロールできない。

日常生活もままならないレベルです。




こんな症状はありませんか?

どこに行っても治らない心の不具合。

病院に行っても改善されない体の不調。

言い知れぬ不安感に襲われる。

人と接するのが恐い。

緊張すると出てしまう体の振え。

自分に自信が持てない。

何時も孤独感に苛まれている。

誰にも相談できないと思っている。

無意識に出てしまう他者への加害欲求。

人ごみで不安になる。

公共の乗り物に乗れない

これらの全ては潜在意識下における異常反応にあります。





「こころ」の故郷はどこ?

こころは脳にあります。
脳といっても、広いのです。そのどこに「こころ」はあるのでしょうか。
「こころ」が生まれる場所は、やはり脳幹(いのちの脳)と大脳皮質(知能や行動の脳)の間でした。感覚系を司る大脳辺縁系と、運動系の大脳基底核から構成されています。
そのうち、海馬と扁桃体は大脳辺縁系、側坐核と扁桃体が大脳基底核に属します。扁桃体は両方にまたがる要所です。
つまり、「こころ」を生む脳の中枢は、海馬(知)、扁桃体(情)、側坐核(意)といえます。そのなかでも主役は扁桃体です。
扁桃体がハート型にも見えるというのは、神の配慮のあらわれではないでしょうか。




「こころの情報」は三方向に出る

扁桃体は海馬と側坐核をコントロールするとともに、視床下部、脳幹を通じて体をコントロールしています。扁桃体からの「こころの情報」の種類によって三方向に分かれます。
もの覚えに関する記憶認識系の情報は海馬に送られます。海馬からは、側頭、頭頂、後頭の各連合野に出力されます。
扁桃体と海馬の障害による代表的な症状は、もの忘れと集中力を欠くことで、進行すると認知症、アルツハイマー病に発展するそうです。
やる気に関する意志行動系の情報は側坐核に送られます。側坐核からは、前頭前野と各運動連合野に出力されます。扁桃体と側坐核の障害は、やる気を失い、楽しくない気分を招き、ひきこもり、不登校などにつながるそうです。
側坐核は大きな特徴ある細胞が広い範囲に分布しており、海馬や扁桃体のような明らかな形をもっていない器官ですが、細胞数が減ると問題が起きるそうです。
愛情や憎しみに関する情動新体系は視床下部方向へ向かいます。扁桃体が壊され、障害の影響が扁桃体支配下の視床下部に及ぶと、自殺や殺人などの凶悪犯罪を含む情動障害、激怒や飢え、性欲の異常、自律神経の失調などの症状が起きてくるそうです。若い人の爆発事件はこの経路で起きているそうです。
混合型精神病や認知症などの「こころの病気」は、いずれもこの三つの系統の情報出力が障害されます。どの出力がどう障害されるかのバランスで症状が変わってくるようです。
結局、うつ病、統合失調症、認知症などの精神疾患の基本は、すべて扁桃体のようです。




異常反応の解除プログラム

うつ病やパニック障害などの精神疾患を、直接的に治癒するものではありません。耐久性と治癒能力を飛躍的に向上させて、結果としてそれらの改善と解除がもたらされるのです。
もしも異常反応の数値が低い方が、集中的なストレスによってうつ病を発症させたなら、休息によってかなりの改善が期待できますが、異常反応を大きく抱えた方は、異常反応の解除なしに、解決はなかなか見込めません。
自覚していない心の異常を解除しますと、生命エネルギーが増強されます。その生命エネルギーは、あなたの心と肉体を、より良く機能させてくれます。逆に言えば、異常反応はそれらの機能を狂わせてしまうのです。
生命エネルギーとは人間の心と肉体を機能させるエネルギーで、この中に生存維持本能といったイメージのものも含まれています。そこに異常が生じると、そもそも生きるために不利になるような心身の反応が起きてきます。それがうつ病であったり、心因性の病気といった本当の原因となります。
心の異常から解除されたエネルギーは、理想的なエネルギーとして組み替え(書き換え)られます。心身はより強く、合理的な機能に生まれ変わります。結果として思考力が正常になり、体力が向上し、疲れにくく、回復も早くなるのです。
わたしたちはメンタルの改善として、この症状の本当の原因の一つ「異常反応」を解除させていただいております。
個人差があり、必ず1回の施術で完治するというお約束はできませんが数回の施術で改善させることが可能です。




異常波動を呼びやすい根源

分不相応な生活をする
( 支出 > 収入 )

親を親とも思わない

波動については全く関心も理解もない

なにかというと宗教の教義で人を批判する

どんなに利益があっても税金は払いたくない

絶対人に頭を下げない

責任は絶対自分でとろうとしない

自分の考えがすべて正しいと思う

負けず嫌い、自信過剰

強いものにはこび、弱いものには倣慢になる

自分に絶対服従させようとする

生計の全てを他人に依存する

健康より金銭にこだわる

食生活は何でも好きなものを好きなだけとる

人の愚痴を喜んできく

目的のためにはどんな異常な方法でもとる
(手段を選ばない)

まず人の非難中傷が先に立つ

毎日不平不満が先に立ち感謝の気持ちが少しもない

自分の非は絶対認めない

目上と目下の区別がつかない

派手な衣装や装身具、宝石類で着飾る




心の異常反応 測定

□ 1~10%
□ 10~15%
□ 15~20%
□ 20~25%
□ 25~30%
□ 30%以上





心の異常反応の解除
料金表


1回のセッション料
3,000円

DSバイオレゾナンス・セラピーCD

DS EMDR A-16
4,200円

意識・精神・感情・情緒 C- 8
4,200円

神経系 C-14
4,200円

脳 C-20⑩
4,200円

ストレス C-20⑮
4,200円

5枚セット
心の病に勝つ SY-7

18,900円

ソルフェジオ
愛の倍音周波数CD


エネルギーの出入を良くする
V-1 3,300円

罪・トラウマ・恐怖・不安からの解放
V-2 3,300円

マイナスな状況からの回復、変容の促進
V-3 3,300円

DNA修復・理想への変換、奇跡、細胞の回復
V-4 3,300円

人とのつながり、関係の修復
V-5 3,300円

表現力の向上、問題の解決
V-6 3,300円

直感力の覚醒、目覚め、魂への帰還
V-7 3,300円

高次元、宇宙意識とつながる
V-8 3,300円

エネルギーの出入を良くする
V-9 3,300円